福島ユナイテッドFC オフィシャルサイト

普及・育成部ブログカテゴリ

footstrike homolysis(フットストライク・ハーモリシス) って何?!

2011.01.22 須田 U-15監督

今年の冬は、雪が多い。私が、5年前来福した際に、初めてスタッドレスタイヤを購入し、厳しい冬に備えたのだが、全くその効果を体験することがなかったくらいに、幸が降らなかった。

ところが、今年の冬は、雪、雪、雪・・・・。まだ、数十年前に比べて少ないようだが、温暖な千葉県育ちの私には辛い日々が続いています。

今週の十六沼は、こんな感じです。

yuki

ご覧の通り、足首まですっぽり入る深さ。どえらいことになってるんです!!(私にとっては)

もちろんU-15のトレーニングもグランドレベルでできない・・・。いや、やってます!!十六沼公園で活動しているのは、我々だけです

IMG_0151.JPG

雪上の走り込みが中心になりますが、雪の負荷がとてもこたえて、今週は選手のほとんどが筋肉痛だそうです!

我々は、コンクリートや室内の走り込みはしません。(遠征時に、走ることはありますが・・)

室内で走るときは、足底部に強い衝撃が加わることになる。それによりランナーの第二の貧血とよばれる「footstrike hemolysis」という現象が起こる可能性があります。硬い地面を走ることで、足底部への強い衝撃により溶血が増加することが科学的に証明されているのです。

溶血が持続すれば、鉄欠乏状態、いわゆる貧血を起こすことになる。

これを予防するためには

①やせること!(ギクッ)

②走る際は軽く足を運ぶこと

③人工芝、草地、トラックなどソフトな地面で走ること!雪上はGOOD!!

④クッションの良いシューズを履くこと

血液中の正常赤血球の破壊は、スポーツ選手にとって影響は甚大です。酸素供給量の低下、血栓形成などが考えられます。心筋梗塞などの危険性を減少させるためにも、上記に注意が必要なのです。

雪の上は、まさに砂のようでやわらかく、足元が固定されません。知らず知らずに筋が緊張状態になり、負荷を与えているようです。

私も10分間程度のランニングでぐったりでした

 


福島ユナイテッド サッカースクール 生徒募集無料体験会 参加者募集中

お電話でのお問い合わせは 024-573-8203までWEBでのお問い合わせはこちらをクリック