お陰様で昨シーズンは飛躍の年になりました。トップチームの悲願のJFL昇格。そして、Jリーグ勢を破った天皇杯の16強やジュニアユースチームのみちのくリーグ昇格等、サポーターの皆様の熱い声援で福島県を代表するチームになることができました。
 財政面でも株主の皆様をはじめ、スポンサー企業の皆様や行政の協力をはじめ福島県サッカー協会の協力を得ながら運営をさせていただき、単年度黒字を達成することができました。あらためて皆様の思いに感謝いたします。
 
さて、今シーズンは全国リーグであるJFLに参戦を果たしました。アウェイでの開幕戦を勝利し、3月17日(日)はいよいよホーム開幕戦です。我がまち福島県でも17試合が開催され、福島市信夫ヶ丘陸上競技場を中心に郡山、鏡石、田村、あいづなど県内各地で「選手達が絶対にあきらめない戦い」をしてくれることと確信しております。どうぞご家族みんなでスタジアムにお越しいただき、福島ユナイテッドFCを応援してください。
 
Jリーグも来年から3部制になることが決定しました。J3参入にはライセンスの取得が必要です。我々は今シーズン途中にJリーグ準加盟申請を提出し、スタジアム基準や練習環境基準、育成基準などのホームタウンとしての審査をはじめ財政基準等の厳しい審査を受ける予定であります。我々の最終目標はJFLではありません。J3でもありません。それには地域の皆様の力強い後押しが必要です。
 
震災から2年が経過しましたが、まだまだ福島は厳しい状況が続いています。先日、避難している飯舘中と隣接する飯野中の生徒を対象に、全選手とスタッフが参加した東北人魂広島プロジェクト「ふくしま子ども応援団」共同事業サッカー教室を開催しました。
 参加した子供たちの笑顔や輝いている目を見たときに、我々の使命とは何かをあらためて確認できました。我々はこれからも顔をあげて前を向き、福島の元気取戻し、全国に福島を発信するため、地域の笑顔のために、クラブ一丸となって努力してまいります。
是非とも、JFLでの福島ユナイテッドFCの戦いに熱い声援をお願いします。
 
 
平成25年3月15日
                                         株式会社AC福島ユナイテッド
                                             代表取締役 鈴 木 勇 人
 
平成25年1月12日、鴨志田誉選手の人前結婚式及び披露宴が宇都宮で盛大に開催されました。
 
福島ユナイテッドFCの選手たちや前所属である栃木SCの選手達、そして数多くの親族や友人から結婚とJFL昇格の祝福を受ける鴨志田選手の姿はとても凛々しく頼もしく見えました。
あらためて、新シーズンに向けての責任と使命を感じる一日になりました。
 
クラブとは選手の頑張りはもちろんですが、それを支える家族や様々な方々の生活や将来をも背負っています。
福島の元気発信のため、そしてクラブの発展と地域の幸せのためにより一層の努力をしなければなりません。
 
いよいよトレーニングが始まり、3月には日本フットボールリーグ(JFL)が開幕します。
皆様の熱い応援をよろしくお願いします。
 
 
 20130121.jpg

皆さまこんにちは。

昨日は湘南ベルマーレ、そして福島ユナイテッドの提携記者会見を行わさせていただきました。各方面からご取材にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。また日頃から湘南、福島の活動にご理解とご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

まずはじめに、湘南ベルマーレのJ1昇格おめでとうございます。我々福島ユナイテッドFCはまだJリーグに届かない位置におり、今季やっとJFLに昇格を果たすことができました。

すでに報道していただいております通り、このJ1に昇格した湘南ベルマーレと福島ユナイテッドが事業提携を行うことが決定しましたのでご報告します。我々が地方のクラブとしてどのような形でこれからJリーグを目指し、かつ地域のために手伝うことができるかと考えたとき、東日本大震災、そして原発事故という非常に厳しい福島の状況があります。その中で震災直後から真っ先に、我々福島ユナイテッドに湘南ベルマーレから子どもたちのための支援物資を運んでいただいたり、子どもたちとサッカー教室をやっていただいたりしました。その後、「KIDS GUARD」ということで、東北地区そして福島の子どもたちを中心に湘南のホームグラウンドに呼んでいただき、数々の試合観戦やトレーニングマッチ、また海での体験など思い出作りまでやっていただきました。私も何回か足を運ばせていただき、その中でこれから地域の為に、かつ地方のクラブとしてあるべき姿に一石を投じるようなことができないかという話になっていき、このような形でこの提携に至った次第です。

湘南の眞壁社長をはじめスタッフの皆様、昨日のような場をつくっていただき、また準備をしていただき、ありがとうございます。光栄に思いますし、今後我々も責任と誇りを持ちながら活動していきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

20120118_2.jpg

 

-

先日、日本フットボールリーグ(JFL)から理事会でのJFL参入が正式承認されたとの連絡が入りました。これにより、福島ユナイテッドFCは来シーズン、全国リーグであります日本フットボールリーグに参戦することが決定いたしましたので皆様に報告させて頂きます。 
 
これまで支えて頂いたスポンサー企業の皆様やサポーターの皆様、そして地域の皆様に心より感謝申しあげます。本当にありがとうございました。
 
 本来であれば、昨年飛躍の年になるはずでした。しかしながら、東日本大震災や原発事故の影響により一時は活動休止もありえる状況でありながら、皆様のご支援により活動ができ、本日こうしてJFLへの昇格が決定し、全国の場で福島の元気を発信することができることを、大変うれしく思います。
 
この昇格は、今年活躍した選手やスタッフの頑張りはもちろんですが、これまでこのクラブやチームに携わってきた多くの選手やスタッフの思いと福島県のサッカー関係者の皆様の思いやクラブの歴史があっての昇格達成であると考えております。
 
我々は、これからも決してあきらめずに前へ進み、本当の意味での「地域に必要とされるクラブ」を目指し、全力で取り組んでまいります。
 
福島復興の担い手として、スポーツを通して福島県を元気にし、子供たちに夢や希望を提供します。そして世界に誇れる福島を発信します。
 
今後ともこれまで以上のご支援と熱い御声援を心より御願い申し上げます。  
 
最後になりますが、福島ユナイテッドFCが福島の誇りを背負い、JFLで旋風を巻き起こすことをお誓い申し上げ、昇格にあたっての御挨拶といたします。
 
株式会社AC福島ユナイテッド
 
代表取締役 鈴 木 勇 人
 
 
1217.jpg

uc_ban_president.JPG

福島ユナイテッドFC代表の鈴木勇人です。リーグ開幕にあたり、ご挨拶いたします。

多く皆様に支えられながら、リーグ開幕を迎えることができたことは、例年にない喜びであり、大きな期待と責任を感じるとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

昨シーズンは本来であれば飛躍の年になるはずでした。ところが、3月11日の東日本大震災や原発事故の影響により一時は活動休止もありえる状況に陥り、スポンサーの取止めや選手の退団が相次ぎました。

そんななか、皆様に支えられながら活動が継続でき、クラブ史上初となる東北社会人リーグ1部優勝を果たしましたが、JFL昇格を成し遂げることができませんでした。

しかしながら、この一年でチームそしてクラブは大きく成長しました。福島でサッカーをする意義を見出し、福島の誇りを胸に闘う「強い絆」を築くことができました。

そして、震災から一年になりますが、いよいよ勝負のシーズンが開幕いたします。

今シーズンは地元福島出身の時崎悠新監督のもと、11名の新入団選手を含めた総勢30名の選手達が揃い、必ずや新しい歴史をつくってくれるものと信じております。

我々は今シーズンを福島復興元年と捉え、「地域に必要とされるクラブ」を目指します。

放射線の影響で昨年開催できなかった福島市をはじめとする福島県内でのホームゲーム開催や数多くのホームタウン活動を中心に、地域振興や社会貢献活動、そして青少年育成活動を積極的に進めてまいります。

福島市民・県民の想いを背負い、福島の復興とともに、昨年果たすことができなかった悲願のJFL昇格を達成し、福島県に元気を取り戻すため、クラブ一丸となって努力してまいります。是非とも、福島ユナイテッドFCに対して熱い声援をお願いします。

平成24年4月14日

                                         株式会社AC福島ユナイテッド

                                             代表取締役 鈴 木 勇 人