uc_ban_ara.JPG

皆様、はじめまして!

福島ユナイテッドFCサッカースクール担当の荒です。

桜もほぼ満開となり、花見シーズン到来ですね。

先日4月19日、相馬市に行きまして当クラブより相馬サッカー協会様へボールを贈呈いたしました。
相馬市の光陽サッカー場事務所に着いて、早速準備をして贈呈式の始まりです。

協会関係者の方がとても明るく迎えてくださりました。

uc_ball_handout_120420.JPG

監督も大谷様も笑いをこらえて、ハイチーズ!

uc_tokikid_120419.JPG

大谷様の他にも協会関係者のお子様も、監督と照れながら一緒にパチリ!

uc_ball_sign_120419.JPG

協会の方にボールサインを頼まれて、監督自らメッセージを…

uc_sign_ball_120419 (1).JPG

サインボールを受け取り、大谷様からは「ボールとともに、子供たちに夢と希望を頂いて、感動しております」とお話しくださいました。

協会の方々は、以前からも福島ユナイテッドFCの試合会場にお越しくださっていたそうで、それを聞いた監督もうれしかったそうです。終始、笑い話の絶えない会場でした。

これからも、皆様の応援を頂いて頑張っていきますので宜しくお願い致します。

4月から、サッカースクールも新年度を迎えまして、体験等も随時多くの皆様にご参加いただいております。

スクールのお子様たちが、元気にボールを追いかける姿を見ると、二児の母親である私もうれしくて胸がいっぱいになります。
ぜひ、ご興味のある方はお気軽にお問合せ頂ければと思っております。無料体験参加は、こちらへ。
 

スクール・荒

 

 

 

 

 

 

uc_ban_rui.JPG
 
福島ユナイテッドFCに入団して6年目、時崎塁選手へインタビューしました!
 
 uc_tokisakiyu1_120420.JPG
 
――ここまでの調子はいかがですか?
「徐々に上がってきているので調子はいいですね。雪で思うように練習ができず、コンディションが上がらない時期もありましたが、先日リーグ戦が開幕し実戦的な練習もしているので、体のキレも出てきましたね」
 
――オフはどんな風に過ごしましたか?
「新婚旅行に行きました。また、体力維持のため、東邦銀行の陸上部に混ぜてもらい、一緒に練習をしていました」
 
――今シーズン、新加入選手が11人加わり、各ポジションの競争が激しくなりました。モチベーションは昨年と違うのでは?
「全然違います。チーム内での競争があるので、以前にも増してトレーニングを大切にしようと思っています。新加入選手が関わったことで、チーム全体のレベルが上がっているので、刺激を受けていますね」
 
――今シーズン、トップチームを率いる時崎監督の目指すサッカーはどんなスタイルですか?
「アグレッシブな守備や、攻撃への早い切り替え、1対1の競り合いなど個人のハードワークが求められています」
 
――そのスタイルの中で、塁選手はどのように自分の持ち味を発揮したいと考えていますか?
「僕はうまい選手ではないのですが、どのような場面からでもゴールを狙う姿勢を持ち続け、得点に結びつけていきたいです」
 
――好きな言葉は、“継続は力なり”ですよね?
「苦手なことも克服できるし、得意なことは伸びて自分の力になり、日々小さなことでも続けることによって自分のものになると思っています」
 
――今シーズン、ホームゲームが福島に戻ってきます。地元出身の選手として、福島開催について感じていることはありますか?
「モチベーションが上がりますね。久しぶりにあの独特な雰囲気を味わえるので楽しみです!」
 
――最後にファン・サポーターに向けて一言お願いします!
「今シーズンこそ、昇格を目指して頑張るので一緒に戦いましょう!」

 uc_ban_erina.jpg

 

こんにちは!! 皆様、いかがお過ごしでしょうか?
福島ユナイテッド総務の鈴木英里奈です。
 
さて、突然ですが「サッカークラブのボランティア」と聞きどんなお仕事をするかわかる方いらっしゃいますか?・・・あまり手が上がらないようですね~(笑)
 
ということで、今日はクラブを陰で支えてくださっているボランティアの仕事についてお話させていただきます。
 
ユナイテッドボランティア、通称「ユナボラ」スタッフは現在、約80名ほどの方が登録しております。その中で毎試合HG際に、約20名ほどのスタッフがクラブの運営のお手伝いに集まってくださいます。
 
クラブのボランティアについて問い合わせの多い質問をまとめてみました♪
 
Q1 年齢制限はありますか?
A 試合や地域イベントによっては、終了時間が夜20時頃になることもあります。そのため、ボランティアスタッフへの登録は高校生以上の方とさせていただいています。
 
Q2 男女の割合や、年齢構成はどうなっていますか?
A 2011年の実績では、男女比率は2:8です(男2女8)。下は15歳から、最年長の方は70歳まで幅広い年齢層の方に活動していただいております。
 
Q3 活動内容は選べますか?
A 大まかな業種は選べますが、より具体的な活動業種は選べません。その日の登録人数などに応じて事務局で振り分けさせていただきます。
 
Q4 まったく経験が無くても大丈夫ですか?
A 初回の活動は、説明会を兼ね、事務局側で活動場所を指定させていただきます。説明会では、実際の活動をユナイテッドスタッフをはじめ、ベテランの先輩ボランティアの方々がサポートしてくださいますので、初めての方でも大丈夫です。
 
Q5 登録したら、毎回参加しなければなりませんか?
A 毎回参加する義務はありませんし、年に1回でも大歓迎です。ご自分のご都合に合わせてご参加ください。
 
Q6 活動当日、車やバイクで行っても構いませんか?
A 申し訳ございませんが、ボランティアスタッフ専用の駐車場・駐輪場はありません。なるべく公共の交通機関をご利用ください。試合会場によっては最寄駅よりボランティアスタッフ専用のバスを手配する場合がございます。その際は是非そちらをご利用ください。
 
Q7 活動中のケガの対応はどうなっていますか?
A 活動中の不慮の事故・ケガに備え、スポーツ安全保険に加入しております。(保険料はクラブ負担となります)
 
Q8 活動中の拘束時間はどのくらいですか?
A 福島ユナイテッド主催ゲーム(ホームゲーム)は、試合開始4時間前集合、試合終了後1時間程度で解散となっています。地域イベントについては、その都度状況が変わってきます。
 
Q9 服装はどのように準備すれば良いですか?
A 活動時はボランティアスタッフ専用のビブスを着用していただきます。
上・・・ポロシャツ・Tシャツ等(上からビブスを着用できるようなもの)
下・・・ジーンズなど(スカートは不可)
履物・・スニーカーなどの運動靴
 
Q10 活動日はどうやって登録するのですか?
A 活動日の登録はHPでボランティア募集の告知後、事務局までご連絡下さい。ボランティア登録済の方は、事務局より直接メールにてご連絡いたします。
 
Q11 大学受験で必要なので推薦書を書いてもらえますか?
A 進学・就職の際にボランティア活動を証明するものとして資料の提出を求められる場合があるかと思いますが、ある程度の期間を継続的(1~2年)に活動されていて、今後も継続して活動される意思がある方については、可能な範囲での協力はさせていただきます。
 
Q12 昨シーズン登録していましたが、また登録するのですか?
A 申し訳ございません、自動更新ではございません。2011年に登録されていた方もすべて新たに登録していただくこととなります。
 
Q13 ボランティア登録の締め切りはありますか?
A 特に締切はございませんが、保険加入の為活動日の一週間前までに登録手続きをお願いいたします。
 
Q14 お昼は支給されますか?
A 試合運営時は支給されます。地域イベントについては、その都度状況が変わってきます。
 
Q15 ボランティアスタッフ限定のオフ会等はございますか?
A 年に数回開催を予定しております。昨年末にはボランティア感謝の集いを開催いたしました。
 
皆様、少しはご参考になりましたでしょうか・・・?
その他、何かご不明な点ございましたら是非事務局ボランティア担当までご連絡下さい♪
皆様のご登録・ご参加を心よりお待ちしております。
 
◎福島ユナイテッドFCのボランティアについてはこちら
 unavol_rogo2.JPG
 
では、また来週!!
 

 

総務・鈴木英里奈

 uc_ban_kobayashi.JPG

今季選手会・副会長の小林選手へ選手会についてお伺いしました!
小林副会長の意気込みをレポートします!
 
uc_kobayashi1_120418.JPG
 
――今季、小林選手は選手会・副会長になられましたが、副会長のお話をいただいた時の率直なお気持ちをお聞かせください。
 
「監督からお話をもらい快く引き受けました。チーム最年長であるし、後ろから押していこうという気持ちは元々ありましたので、あとはチームや地域のためにやるだけです」
 
――チームに入団した当初の福島の印象はいかがでしたか?また、今季で3年目となりますが、3年目の福島はいかがですか?
 
「地元・茨城と同じような雰囲気だったので、住みやすいなという印象がありました。昨年の震災もあり、福島にいる者として福島への思いが強くなりましたし、サッカーを通して福島を元気にしたいという気持ちは強く持っています」
 
――副会長として、今後どのようにチームや地域を盛り上げていきたいですか?
 
「グラウンドでは若手に比べて経験もあるので、その経験を伝えていき、また声を出して引っ張っていきたいです。また、スタジアムに来る子どもたちと一緒にサッカーをしたり、地域の清掃活動をして、地域の皆さんとの交流を増やしていきたいと考えています。復興へ向けて栁原会長と基洙副会長を中心に、サッカー以外の活動もしていきます。色々な活動をしていきますが、その中でも一番の地域貢献は昇格することですので、その目標を達成できるよう副会長として引っ張っていきたいです」
 
――小林副会長が考える選手会の意義とはなんでしょうか?
 
「サッカーだけをしていればいいというわけではないので、サッカーを通して地域の人と交流をしたり、コミュニケーションを取ることが大切だと思っています。そのためには選手会が中心となり活動してきます」
 
――最後に、今季福島ユナイテッドFCの活躍を期待しているファンや地域の皆さんへ一言お願いします!
 
「いつも応援ありがとうございます!震災から1年経ちましたが、福島はまだまだ大変な環境です。僕たちが昇格することは福島を元気にすることだと思います。僕たちも頑張りますので、皆さんも一緒に頑張りましょう!」
 

 

uc_ban_ito.jpg

 

 福島ユナイテッドFCセールス部の伊藤です。

 

先週415日に東北社会人リーグが開幕しました。

私はこの開幕戦に「アウェイバスツアー」の添乗員として同行させていただきました。

今回の行き先は岩手県にある富士大学グラウンドです。

 

cu_bustour2_120417.jpg

 

 

今回のバスツアーでは、クラブスポンサーの福島ヤクルト販売株式会社様より「さっぱりオレンジ」を提供していただき、ツアー参加者の皆様に配布させていただきました。

また、チーム紹介・選手紹介のDVDを上映しました。

 

cu_bustous3_120417.jpg

 

 

会場が近づき、さらに選手紹介DVDの効果もあってサポーターの皆様のボルテージもどんどん上がっていきます。

そして試合会場に到着。

そこからさっそく応援の準備へ。

 

cu_bustous4_120417.jpg

 

 

この一つ一つの横断幕も、全部皆さんの手作りです。

福島ユナイテッドFCがサポーターの皆様にどれだけ支えられているのかを改めて実感しました。

 

試合の方はというと、怒涛のゴールラッシュで90の圧勝!!

開幕戦を白星スタートで飾ることができました。

 

cu_bustous6_120417.jpg

 

 

大量得点で気持ちよく帰路へ……と思いきや、ここで終わらないのが今シーズンのバスツアーです。

帰りのバスでも特典が盛りだくさん!!

 

まずは、出発直前のサポーターのバスに試合を終えたばかりの時崎塁選手、益子選手、江澤コーチ、鈴木勇人代表が、次々とごあいさつ。

 

そして、出発してからはお待ちかねの抽選会。

今回の景品は、「ユナイテッドチャンネルで選手にインタビューできる権利」が2口、クラブスポンサーの安斎醸造有限会社様より提供していただいた「醤油・ソース・めんつゆのセット」が2セット、そして「全選手のサイン入りボール」1個でした。

 

この抽選会は今シーズン行うすべてのアウェイバスツアーで開催しますので、次回以降もお楽しみに。

 

なお、次回のアウェイバスツアーは今週末の422日の開催となっております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

次節、秋田FCカンビアーレ戦のバスツアーでも特典が盛りだくさん!!

ぜひご参加ください。

皆様の参加を心よりお待ちしております。

 

 

セールス担当・伊藤

 

 

 

 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8