uc_ban_takahashi.jpg

今日もユナポコの収録に行ってきましたよ~!
次回の放送は5月2日ですが、そんな5月突入の1発目のユナポコは、岡田大選手と益子義浩選手です! 
 
uc_unapoko1_120430.JPG
 

真剣な表情の岡田選手です!

uc_unapoko2_120430.JPG

 

益子選手も凛々しい表情で最終打ち合わせ中です。

 

この2名の選手は今シーズンから新加入し、第1節も第2節も出場し活躍し、チームの躍進に貢献してもらっています!
そんな2名の選手のトークをぜひお楽しみください♪
 
uc_unapoko3_120430.JPG
 
 

最後におちゃめな益子選手をどうぞ♪

uc_unapoko4_120430.JPG

 

今週のゲスト選手からのメッセージをお届けします☆
―*大選手選手より*―
「とても楽しかったです!100%の自分の力を出し切れたので、楽しみに聞いてください!」
―*益子義浩選手より*―
「初めてでしたが、緊張もせずできて楽しかったです!大さんのダンディーな声にも注目してください!(笑)」 

 

5回のユナポコは52日(水)1930~です☆
皆さんからの、番組や選手達への応援メッセージをお待ちしております!
宛先はメールで、『762fm-poco.co.jp』まで☆
 
広報・高橋

 

 

 uc_ban_takahashi.jpg

昨日(4月27日)の朝、5月6日のホームゲーム開幕戦のPR活動として、福島駅東口と福島市役所前でポケットティッシュを配りました!

配布したポケットティッシュはこれです☆↓

pockettissue.PNG

総務部長の号令後、通勤ラッシュで人々が行き交う中配りました!

uc_tissue1_120427.JPG

uc_tissue2_120427.JPG

フロントスタッフはもちろん、

uc_tissue5_120427.JPG

アカデミーのコーチも、

uc_tissue4_120427.JPG

サポーターも駆けつけてくださり、一緒に配布しました!

福島市役所前にもサポーターとアカデミーの保護者の方が駆けつけてくださりました!

ありがとうございました♪

 

こうしてホームゲーム開幕戦へ向けて活動をしていると、いよいよだなと改めて実感します。

昨シーズン1回しか開催できなかった福島でのホームゲーム、待ちに待ったホームゲーム、全選手・スタッフ、スポンサーの皆さま、サポータ-の皆さま、地域の皆さま、福島県の皆さまの想いが詰まったホームゲーム・・・。

選手達は最高のパフォーマンスで皆さまに喜んでいただけるよう、日々トレーニングに励んでいます。
5月6日はぜひあづまへ足を運んでいただき、福島ユナイテッドFCへの応援よろしくお願いします!
 
広報・高橋

uc_ban_ohara.JPG

福島市出身で今シーズンから新加入した大原卓丈選手へホームゲーム開幕前のインタビューをしましたのでお届けします! 

uc_ohara_120425.JPG

 

――15日、22日と2試合に出場しましたが、ここまでの調子はいかがですか?また、実際に2試合に出場して感じた率直な感想をお聞かせください。
「はじめは室内での練習でしたが、外でのトレーニングが多くなるにつれて上がっていきました。今はコンディションは万全です。また、ここまでの2試合でスタメンで出れて嬉しく思います。福島のために貢献できるよう、強い気持ちで臨んでいます」
 
――大原選手は今シーズンから福島ユナイテッドFCの新戦力として活躍していただいていますが、福島ユナイテッドFCに入団したきっかけは?また、入団してみていかがでしたか?
「地元・福島に帰ってきてサッカーをしたいという気持ちで戻ってきました。チームは雰囲気も良く、チームメイトともいいコミュニケーションを図れていて、いい環境でサッカーができています」
 
――まだまだ大変な状況が続く福島でありますが、大原選手の出身でもある地元・福島でサッカーをするにあたり、どのような思いを持っていますか?
「自分が活躍することで福島に明るい話題が増えればいいと思いながら、毎日練習に励んでいます」
 
――大原選手は今シーズンより福島に帰ってきましたが、福島での生活はいかがですか?
「実家なので、サッカーをしやすい環境でやっています。やはり地元だと安心します」
 
――新加入選手が11人加わり、各ポジション争いが激しくなりました。モチベーションはいかがですか?
「センターバックのポジション争いはし烈なので、これからも気を引き締めてやっていきたいです」
 
――今シーズンから福島ユナイテッドFCに入団しましたが、トップチームを率いる時崎監督の目指すサッカーはどんなスタイルですか?また、そのスタイルの中で、大原選手はどのように自分の持ち味を発揮したいと考えていますか?
「精度の高い守備をすることで貢献したいです。求められることが多い分、やりがいを感じていますし、根性だけはあると思うので“熱い男 大原”でいきたいと思います」
 
――好きな言葉は“自然体”ということですが、この言葉が好きな理由について教えてください。
「気負いせず、力みすぎず、自分のペースで進めていくことをモットーにしています」
 
――次節は、5月6日(日)福島市あづまでのホームゲームとなります。意気込みを教えてください。
「僕が頑張ることで、福島の皆さんに元気を与えられたらということを一番に考えているので、試合に出たら全力プレーで頑張りたいです」
 
――最後にファン・サポーターに向けて一言お願いします!
「これからも一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします!」

 

uc_ban_takahashi.jpg 
本日、JA共済連福島様と今シーズンのクラブパートナー契約記者会見を行いました。
当クラブからは福島ユナイテッドFCの鈴木暁夫・取締役常務、時崎悠・トップチーム監督、内藤友康チームキャプテン、鴨志田誉ゲームキャプテンが出席いたしました。
 
uc_kyosai6_120426.JPG

今シーズンもトップチームのトレーニングウェアの胸にはJA共済連福島様のロゴが入ります。

uc_kyosai_120426.JPG

uc_kyosai10_120426.JPG

記念品の贈呈で、JA共済連福島様から摺上亭大鳥様の入浴券100枚分を頂戴しました。

uc_kyosai2_120426.JPG

uc_kyosai9_120426.JPG

当クラブからは・・・

uc_kyosai3_120426.JPG

内藤キャプテンより選手のサイン入りボールを、

uc_kyosai4_120426.JPG

 鴨志田ゲームキャプテンより2012シーズンのポスターを贈呈させていただきました。

uc_kyosai7_120426.JPG

 記者会見終了後は、本日お越しいただいていた各メディアの皆さまよりインタビュー取材していただきました!

uc_kyosai8_120426.JPG

 本日の会見の模様の放送日は、当クラブのHP内のメディア情報をご覧ください。

 

今月の15日に今シーズンのリーグ戦が開幕しました。

全勝優勝を目指して頑張ります!

そして悲願のJFL昇格という目標に向けて日々精進してまいりますので、応援よろしくお願いします!

1シーズンぶりに福島に帰ってくる5月6日のホームゲームへもぜひお越しいただき、選手の後押しをお願いいたします!

広報・高橋

 

uc_ban_ito.jpg
 
福島ユナイテッドFCセールス部の伊藤です。
 
約2年ぶりとなるあづま陸上競技場でのホームゲーム開幕まであと2週間を切りました。
現在、私たちフロントスタッフもこの日のために様々な準備をしています。
 
その中でも私が取り組んでいるのが試合運営ボランティアの募集です。
 
サッカーのボランティアについては、4月19日のスタッフ通信にも書いてありますので、そちらもご覧ください。
 
福島ユナイテッドFCのボランティアは高校生、大学生、会社員、主婦など、様々な方たちが参加しています。
ボランティアに参加した方からよく聞かれるのは
「様々な年代の人と話せるので楽しい」
「自分が陰からチームを支えているというのが実感できる」
「福島が好きだから、福島のために何かできるというのがうれしい」
といった声です。
 
私自身、春に入社したばかりで、ホームゲームのボランティアは初体験となります。
昨年までの経験者の方からこのようなお話をしていただき、とてもやりがいがあると感じましたし、5月6日が待ち遠しくなりました。
 
今週末の4月28日(土)には第4回ボランティア説明会が開催されます。
「ユナイテッドを応援したい!」
「自分の力をボランティアで生かしたい!」
「福島から元気を発信したい!!」
という方がいらっしゃいましたら、気軽にご参加ください。
 
皆様の力を合わせて、一緒にJFL昇格をつかみ取りましょう!!
 
 
 
ボランティア説明会の詳細はこちら
 
福島ユナイテッドFCのボランティアについてはこちら
unavol_rogo2.JPG
 
 
セールス担当・伊藤
 

 

1  2  3  4  5  6  7  8